静岡市 地酒専門店 日本酒 焼酎 オーガニックワイン

岩見沢と三笠のワイナリー訪問!

岩見沢と三笠のワイナリー訪問!

4月7日木曜日
 三笠の滝沢ワイナリーに向かって走りましたが、迷いに迷い、泣きたくなるくらい迷い、挙句の果て何とか辿り着きました。オーナーの滝沢さんはとても、温厚そうなお方で、アポイントも取らず、いきなり訪れた見も知らぬ私などを暖かく向かい入れて下さりました。滝沢さん、ありがとうございました。勉強のため滝沢さんのワイン全部飲んでみます。
 滝沢ワイナリーのすぐ隣にこれまた有名な山崎ワイナリーがあります。許可を得て、畑の写真を少し取らせて頂きました。また、滝沢ワイナリーと山崎ワイナリーのすぐ近くに近藤ヴィンヤードさんのタプコプ農場畑があります。ここもせっかくなので写真を撮らせて頂きました。ここの畑はまだ雪がかぶってしまっていました。ここが、またまた、今や有名な近藤ヴィンヤードさんなんだあ、と感心しながらしばらく、ぼけっと畑を眺めていました。
 次に岩見沢に向かいました。ナカザワヴィンヤードを目指しましたが、またもや迷子です。何度も何度も中澤さんに電話をして、そして電話をして、やっとたどり着きました。ここが北海道一とも言われる幻の白ワイン造るナカザワワイナリーさん。お会い出来、またまたうれしくなってしまいました。(とはいえ、迷子で何回も電話をしてしまい、ご迷惑をかけてしまいました。喜んでる場合ではありませんです。大変失礼いたしました。)ところで中澤さんのところ、は今後もご夫婦二人だけで作業していくから、畑はそんなに広げないとのことです。従ってほとんど生産量は変わらないとのことです。残念ですが、無理をされて倒れてしまっても困りますから、我慢しますです。1年に一回1ケースだけでも頂けるだけ有難いです。今後ともよろしくお願い致します。
 そして、今回北海道ワインツアー最後に訪れたワイナリーはあのブルースガットラヴさんのワイナリである十Rワイナリー。図々しくもあの中澤さんに、ブルースさんへ電話を入れて頂きトアールワイナリーに行ってきました。ブルースさんと言えば長らくココファームでワインを製造しておられた後、北海道に移り、ご自分のワイナリーを数年前に立ち上げられたお方です。知る人ぞ知るで、日本のワイナリーを代表するお方です。今まで、日本で行われたサミットの晩餐会には必ずと言ってよいほど、ブルースさんが造ったワインが選ばれています。日本のワインに最も大きな影響を与えた人間と言っても過言ではないでしょう。今回ブルースさんとお話をすることが出来、これまた、感激。何と光栄なことでしょう。今回は帰りの飛行機の時間があるし、ブルースさんは仕事中でお忙しそうですし。次回は連絡を取り、ゆっくりお話に来たいです。必ず、また、行きますからね!ブルースさん、よろしくお願い致します。奥様もありがとうございました! 
 北海道のワイナリーは熱いぜ!
 

コメント



認証コード0653

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional