静岡市 地酒専門店 日本酒 焼酎 オーガニックワイン

究極のボジョレーヌヴォ2015を楽しむ会開催!

究極のボジョレーヌヴォ2015を楽しむ会開催!

11月19日木曜日画像の説明
 今年もボジョレーヌーヴォ解禁日がやってきました。そして今年もボジョレーヌーヴォを楽しむ会を日本料理屋さんの梅光さんで開催致しました。
 今回は17名もの多くのお客様がご参加して頂き忙しいワイン会となりました。嬉しい悲鳴とともに、コルク開けが鈍いしのだとしては少々苦労致しました。

画像の説明

 さて、内容は、まず、ガメイのスパークリング赤ワインヌーヴォを飲んで頂き、次に新井順子さんのシャルドネヌーヴォを飲んで頂き、いよいよここでボジョレーヌーヴォの登場。まずはいきなり究極と言われるルロワのヌーヴォ。次にドメーヌデュクレドビーヌのオーガニックヌーヴォ。そしてドメーヌランポンのオーガニックヌーヴォ。パカレのヌーヴォ、ルーデュモンのヌーヴォ、最後にラピエールのヌーヴォで締めくくりました。そしてそして、さらにおまけに2014年のジョセフドゥルーアンヌーヴォを当店が差し入れして、1年物のヌーヴォというものも飲んで頂いてみました。コルク開けに明け暮れ、残念ながら肝心なワインの味をあまり確認出来ませんでした。そんな中ではありましたが、ざっとしたイメージでは、今年のボジョレーヌーヴォは凝縮感というものを感じました。特にルロワとドメーヌデュクレドビーヌのこの2つのワインは非常に濃厚で凝縮した果実味を感じました。ルーデュモンとパカレはバランスよく飲みやすいです。特にルーデュモンはきれいな酸が効いていてすっきり感を感じました。ラピエールはコクも感じながら、出すぎない酸もあり、やはりバランスが良く美味しいです。それぞれの作り手の特徴が発揮された美味しいボジョレーヌーヴォでしたが、自分はドメーヌ・ランポンのボジョレーが今年は一番気に入った味わいでした。色合いは紫がかった非常に濃い色なのですが、味わいはすっきりしています。すっきり、と言いましても、しっかりとしたコク、強い果実味を感じながら、きれいな酸味も絡み、エレガントな喉ごしが楽しめます。全般的にボジョレーヌーヴォならではの華やかな香りが今年は凝縮した甘味に圧倒され、おとなしく感じました。去年のドルーアンのヌーヴォの香りが華やかに感じられました。今年の感想はこんな感じです。

コメント



認証コード3878

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional