静岡市 地酒専門店 日本酒 焼酎 オーガニックワイン

正雪さん蔵見学会の巻

正雪さん蔵見学会の巻

3月23日日曜日画像の説明 画像の説明
 今日は毎年恒例の「山田錦を守る会」の有志メンバーでの蔵見学会。一般消費者の奥ちゃん会長を始め、会計の山口さん、浜松の白柳さんなど6名で今年は由比の正雪さんに蔵見学。しっかり勉強して参りました。
 今日も正隆社長さまが、丁寧にお酒の話、及び蔵案内をして下さりました。
 今山田錦が不足していて仕入れるのが大変みたいです。そして不足米は山田錦だけでないみたいです。蔵元さまも米の仕入れでいろいろ苦労していることがよくわかりました。
 われら「山田錦を守る会」などという名前の団体で蔵見学してはいるが、なんにも守れない。何にもお役に立てない。このままではただの呑兵衛団体で終わってしまう。でもわれらが取りあえずできるという事といったら、一生懸命おいしくお酒を飲んで消費することぐらい。
 何はともあれ、利き酒タイム。今年の新酒4種類を準備して下さりました。
 五百万石米の崎村副杜氏の純吟アドヴァンスの生酒、吟ぎんがの純吟、山田穂の純吟生酒、
愛山の純吟生酒の4種。極めて内容が濃い4種。
 アドヴァンスは圧巻される!その酒質の何と高き事!去年ももちろん高品質ではあったが、今年は香りがある。口の中でバナナ様の香りの余韻が上がってくる。味わいは繊細で軽快でスムーズ。バランスが良いです。

画像の説明

 吟ぎんがは落ち着いた渋さのある味わい。ぬる燗が似合いそうな味わい。
 山田穂はまだ固い。が、さすが生酒だけあって、メロンのような素晴らしい香りが楽しめる。甘味、酸味、苦味など味がまとまってないが、ボリューム感はあり、秋あがりが楽しみなお酒だ。
 愛山米はやはりメロン系の品の良い吟醸香がある。とろ~りとした柔らかな旨みがあり、ふくらみがある。味がある酒なのだけど、全く重くない。むしろ軽やかにさえ感じる。素晴らしいお酒です。流石の味わいです。流石、正雪さんです。流石、山影さんです。流石崎山さんです。レベルたけえー。

画像の説明

 蔵見学会の後は反省会。会場は由比駅前のすし処・銀太。本日正雪さんで教わってきた事をおさらいしながらの、反省勉強会であった。「やっぱり、由比は倉沢の鯵だよなあ。」と、そういいたいとこだが、倉沢の鯵は幻でなかなか本物は手に入らないそうです。ここのおやじさんはかなりこだわりがあるようで、そう申してました。それにしても、ク~、うまいです。倉沢鰺!うまいです、正雪!

コメント



認証コード0286

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional