静岡市 地酒専門店 日本酒 焼酎 オーガニックワイン

ぜんすけお酒を囲む会に参加して参りました!

ぜんすけお酒を囲む会に参加して参りました!

画像の説明画像の説明3月12日水曜日
 浜松市肴町のぜんすけさん主催のお酒を囲む会に今回も参加して参りました。
 今回は「春の宵を県内の銘酒で」というタイトルで、静岡地酒の高級限定大吟醸が6種類も楽しめました。

画像の説明

 「磯自慢・中取りヴィンテージ2013年」は稲毛屋さんでも飲んだが、とろ~りと濃厚で厚みがある味。でも切れがよくスーッと入ってしまいます。
 「正雪・備前雄町純米大吟醸生酒」は綺麗な味わい。スーーと軽快に喉をすべっていきます。そして吟醸香の含み香を感じます。
 「臥龍梅・純米大吟醸・短稈渡船」はふくみ香がとても華やかさがあります。まろやかな膨らみがあります。酒の味の大事なポイントである苦味成分がやや多めにあり、後味をドライな印象にしている感じ。
 「國香・大吟醸斗瓶取り無濾過生原酒」は、生のまま1年熟成された酒であるが、まったく、老ねやだれているところがなし。軽快でコンパクトな旨みがあります。品の良い吟醸香もあります。あと味にややはねるような苦味がある辛口なところが國香らしいです。

画像の説明

 富士正大吟醸斗瓶取り無濾過生原酒斗瓶番号1番は、やはり1年間生のまま熟成した去年の県品評会出品用酒です。シャープな味の広がり、さばけの良い辛口味。なつかしい静岡吟醸の味がします。
 開運・大吟醸全国新酒鑑評会出品酒は華やかな含み香があり、甘みと酸味がしっかり味に溶け込んだコクを感じる。
 あ~どれもおいしいなあ。どれをおかわりしようかな?ぜんすけさん、今日もまた、つまみもいいですね。「本鮪と菜の花のぬた和え」いいすね。「鮑唐揚げ」いいすね。「真鯛刺身 槍いか」「生湯葉キャビア添え」「蛤の吸い物」・・・・いいねいいねいいね。今日は清水に帰れなくなってしまう。

コメント



認証コード0625

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional